脱毛前は自己処理方法に注意!事前準備について

脱毛前は自己処理方法に注意!事前準備について

脱毛前の事前準備は大切!正しい自己処理方法を解説

脱毛前は事前準備が必要です。その中でとくに忘れてはいけないことが「ムダ毛の自己処理」です。
ムダ毛の自己処理を行わないと、脱毛範囲を避けて照射したり施術時間が短くなったり満足のいく脱毛ができません。

今回この記事では、ムダ毛の自己処理方法や事前準備について紹介します。

自己処理でオススメの方法は?

自己処理でオススメの方法
自己処理にはカミソリや毛抜きなど、さまざまな方法があります。
しかし中には脱毛前に行うと、効果を下げる方法もあるので注意しましょう。

NGな方法

  • 毛抜き
  • ブラジリアンワックス
  • 除毛クリーム

脱毛前にNGな自己処理方法は、毛抜きやブラジリアンワックス、除毛クリームです。
毛抜きやブラジリアンワックスは毛根から毛を引き抜きます。

そのため照射時、毛根に毛がない状態で照射するため脱毛の意味がなくなります。
また除毛クリームは毛を溶かすほど強力で、肌に負担をかけるので注意が必要です。
脱毛前は肌を万全にしておくために、上記の自己処理方法は控えましょう。

オススメな方法

  • カミソリ
  • 電気シェーバー

オススメの方法は、カミソリ・電気シェーバーです。
できればカミソリも避けてほしいところですが、使用する人はカミソリ負けをしないように丁寧に剃りましょう。

電気シェーバーは、肌への負担が少なくカミソリ負けなど怪我の心配もありません。
価格もそれほど高くないため、コスパや安全面においてもオススメの自己処理方法です。

背面部分はシェービングサービスを活用しよう

シェービングサービスを活用しよう
脱毛サロン・クリニックでは基本的にシェービングは行いませんが、背面は無料で対応してくれるところもあります。

脱毛サロンのシェービングサービス

店舗名 シェービング部位
ミュゼプラチナム えりあし・背中・ヒップ奥
キレイモ 背中・うなじ・ヒップ・Oライン
ストラッシュ パックプランは無料:手の届かない部位・剃り残し
月額制は有料
銀座カラー えりあし・背中・腰・ヒップ・ヒップ奥の剃り残し

クリニックのシェービングサービス

店舗名 シェービング部位
アリシアクリニック うなじ・背中・腰・Oライン剃り残し
リゼクリニック 剃り残しは無料で対応
レジ―ナクリニック 剃り残しは無料で対応
湘南美容外科 1部位500円

シェービングサービスは店舗によって変わりますが、手の届かない背面や剃り残しは無料で対応してくれる脱毛サロン・クリニックが多いです。

しかし厳しい店舗であれば、少しの剃り残しでもシェービング代が発生することもあります。

「脱毛料金以外の費用が思った以上にかかってしまった…」とならないようにシェービング対応は事前にチェックしておくと安心です。
シェービングサービスのある脱毛サロン・クリニックを利用している人は、ムリせずスタッフに対応してもらいましょう。

自己処理時に気をつけたいこと

自己処理時の注意点
自己処理の際は、シェービングのタイミングやアフターケアに気をつけましょう。

脱毛前は肌トラブルが起きないように、肌状態をよくしておくことがポイントです。
ムダ毛の自己処理をする際は、脱毛当日ではなく1~2日前に済ませておいてください。

脱毛当日にすると、肌に負担をかけ脱毛時に肌トラブルの原因に繋がります。

またカミソリ負けや肌を傷つけてしまうと、照射を断られたり避けて照射されたりする場合もあるので注意しましょう。

シェービングと保湿はセットが基本

シェービングと保湿はセットと考えてもいいほど、保湿は非常に大切です。
自己処理後の肌は、角質をけずり肌が乾燥しやすくなっています。

肌が乾燥していると、照射の熱でさらに乾燥が酷くなり肌トラブルの原因になるので注意が必要です。

また痛みも感じやすくなるため、保湿はしっかり行い脱毛の施術を受けるようにしましょう。

事前準備でその他に気をつけておくこと

事前準備の注意点
脱毛の事前準備とは「肌を万全な状態にしておくこと」です。
とくに日焼けには気をつけてください。

脱毛は熱を発し照射するので、脱毛後は肌に熱を持っている状態です。

その後に日焼けをすると軽い火傷の状態になったり赤みが出たりするため、日焼け対策は十分にしましょう。
日焼け対策は脱毛後だけでなく、脱毛前も重要で日焼けした場合は施術を断られる可能性もあるので注意してください。

また日焼け対策は肌に直接塗る日焼け止めではなく、日傘やUVカットカーディガンの着用がオススメです。

脱毛前後は体温が上がる行為はやめる

脱毛前は日焼けや体温が上がる下記の行為は控えてください。

  • 激しい運動
  • お風呂や温泉、サウナ
  • 飲酒

先ほども説明したように、脱毛は肌に熱を持っている状態です。
その前後に体温の上がる行為をすると、痒みや赤みを引き起こし肌トラブルに繋がります。

脱毛前は万全に肌を整えておき、脱毛後は安静に過ごすようにしましょう。

脱毛前後の予防接種は控える

脱毛前後は、予防接種も控えてください。

まず結論から申し上げますと、予防接種直後の脱毛は避けていただく必要があります。
予防接種を受けた後に脱毛をする場合は、1~2週間を目安に間を空けるようご注意ください。
予防接種のワクチンを投与された身体はしばらくの間、病原体と戦っている状態になるのです。
言い換えれば「軽い感染症にかかったような状態」であるとも言えるでしょう
実際に、予防接種後に微熱や発疹といった副作用の症状が出てくるケースもあります。

予防接種前後は副作用の症状が起き、肌に影響することもあります。
肌トラブルのリスクを高めるため、1~2週間は脱毛を控えましょう。

脱毛前の自己処理は丁寧に!事前準備の注意点も守ろう

自己処理・事前準備のまとめ
脱毛の施術をスムーズに行うためには、事前の自己処理は大切です。

自己処理をしなかった場合、脱毛の施術ができなくなったり施術時間が短くなったりするため、損をしてしまうこともあります。

自己処理に不安のある人は数日に分けて自己処理を行い、脱毛サロン・クリニックのシェービングサービスを利用してくださいね。