VIOの白髪は脱毛できる?介護脱毛の必要性やメリット・効果を解説します

VIOの白髪は脱毛できる?介護脱毛の必要性やメリット・効果を解説します

介護脱毛は必要なのかメリットを解説!白髪のVIOも脱毛できるサロンを紹介します

脱毛というと美容のために主に若い世代が行うというイメージがあります。

一方で近年ではミドル世代・シニア世代で脱毛をする人が増えています。

将来的に介護を受けるときに備えて脱毛したいという人が増えているのです。

実は介護と脱毛には大きな関係があって、近年注目されてきています。

介護脱毛は下記のようなメリットがあるからです。
介護脱毛のメリット
一般的な脱毛は主に美容のために行うのが目的ですが、介護脱毛介護を受けやすくすることを目的としています。

介護脱毛を受けておくことでさまざまなトラブルを未然に防ぐことができ、介護を受けやすい状態にできるのです。

当記事では介護脱毛についてメリットやデメリット、介護脱毛を受けるのにおすすめの脱毛サロンなどを紹介し、介護脱毛に関するさまざまな疑問にお答えします。

介護脱毛とは?将来に備えてVIOを脱毛

介護脱毛とは?将来に備えてVIOを脱毛
介護脱毛は最近注目されるようになった新しい脱毛の考え方です。

介護脱毛の定義

  • 主に40代から50代の女性が行う
  • 介護される将来を想定してあらかじめVIOを脱毛しておく
  • 排泄介助をしやすくするのが主な目的

介護脱毛は上記のような定義であるとされています。

ただし、介護脱毛に決まった定義があるわけではなく、どのような意味で使われているのかは文脈によるでしょう。

基本的には、介護をしやすくするようにあらかじめアンダーヘアの脱毛をしておくことです。

介護において排泄介助は困難な作業となります。

アンダーヘアに便が付着してなかなかキレイに拭き取れないという問題があるからです。

この問題を解決するために介護脱毛をしたいという人が増えています。

アンダーヘアがなくなれば、便が毛に付着することがなくなり、キレイに拭けるようになるのです。

介護する人の負担を減らすことを目的としているのが介護脱毛であり、従来の脱毛のように美容を目的としたものとは、根本的に違っています。

日本は高齢化と長寿化が進んでいて、介護を長期間受けるケースがたくさんあるため、介護脱毛は大事なことです。

意外にも需要が高い介護脱毛

意外にも需要が高い介護脱毛
介護脱毛はまだあまり知名度が高くなく馴染みのないものです。

それでも介護脱毛は意外と需要が高いことがわかっていて、これから実際に施術を受ける人は増えると予想されています。

介護脱毛は40~50代を中心にして需要が高まっているという調査があります。

医療脱毛専門クリニックであるリゼクリニックが介護脱毛に関する調査を行ないました。
2020年7月21日の1日間で40~50代の男女663名を対象に調査を実施。

調査の結果をまとめると下記のようになります。

介護脱毛に関する調査結果

  • 男性の認知度は5%を切るも、女性の認知度は25.8%と高い
  • 「介護脱毛をやってみたい」と回答した女性は50.9%
  • 2017年1月の調査時よりも介護脱毛をやってみたいと回答した女性は27.9%増加している

参照:PRTIMES

この結果から特に女性において介護脱毛の認知度は高まっていて、実際にやってみたいという人が増えていることがわかります。

また男性でも介護脱毛をしてみたいと回答した人は3割いました。

この結果から、これから介護脱毛は定着していくと考えられるでしょう。

介護脱毛のメリットとデメリットは?

介護脱毛のメリットとデメリットは?
介護脱毛にはさまざまなメリットが存在しています。

介護脱毛の主なメリットは下記の通りです。

介護脱毛のメリット

  • 肌を清潔に保つことができる
  • 排泄介助がしやすい
  • 肌トラブルを避けられる
  • 不快感をなくすことができる

排泄介助のときにアンダーヘアがあると、毛に排泄物が絡みつきやすいです。

そのためキレイに拭き取る必要があり、介護者に大きな負担がかかってしまいます。

アンダーヘアがない状態であれば、キレイに排泄介助することができるでしょう。

また排泄後にしっかりと便を拭き取れるようになるため、肌を清潔に保てるというメリットもあります。

きちんと拭き取りが行われないと肌が炎症を起こしたり、ニオイがひどくなったりすることがあるのです。
介護脱毛のメリット
介護脱毛をすることで肌を清潔に保てれば、さまざまな肌トラブルを避けることができます。

さらに介護脱毛によって肌の不快感をなくすことも可能です。

介護中はおむつをするケースが多く、アンダーヘアがあると蒸れやすくなります。

ムレやかゆみに悩まされてしまうことがあり、とても不快です。

介護脱毛でアンダーヘアのない状態にしておけば、介護で寝たきりになっていたとしても、快適に過ごせるようになります。

上記のような様々なメリットがある介護脱毛ですが、デメリットについてもお話しましょう。

介護脱毛のデメリット

  • VIOの脱毛は痛みが強い
  • 一度脱毛すると元に戻せない

介護脱毛では主にVIO脱毛を受けることになり、この部位は一般的に痛みが強いと言われています。

毛が密集していて、しっかりと光を照射する必要があり、肌が敏感な部分でもあるので痛みも強く感じやすいです。

この点については「痛みの少ない脱毛方法」を選ぶことで解決できます。詳しくは後述いたします。
介護脱毛のデメリット
一度脱毛をした毛は元に戻せないという点もデメリットです。
基本的に永久脱毛することになるため、再び生えてくることはありません。

そのため脱毛をしたあとでVIOの毛を生やしたいと思っても不可能なため、十分に検討してから施術を受けるかどうか決める必要があります。

すでに白髪になっていてもVIOは脱毛できるの?

すでに白髪になっていてもVIOは脱毛できるの?
脱毛というのは下記のような仕組みで成り立っているものです。
脱毛の仕組み

脱毛の仕組み

  • ムダ毛の黒い色素に反応して脱毛器から光が照射される
  • ムダ毛の根本の細胞が破壊されることで生えなくなる
  • 色素の薄い毛や色素のない白髪は脱毛できない

したがってある程度の年齢になってVIOの部分が白髪になっている場合は、脱毛が難しくなってしまいます。

ただし上記はあくまでも一般的な脱毛にのみ当てはまります。

最近はSHR脱毛という新しい脱毛方法が登場していて、こちらの場合は白髪であっても脱毛できるのです。

SHR脱毛とは下記のような特徴があります。
SHR脱毛の仕組み

SHR脱毛の特徴

  • 毛をつくる指令を出すバルジ領域にダメージを与える
  • 毛包全体に低温で弱い光を照射する
  • メラニン色素の有無に関係なく脱毛できるため、産毛や白髪にも効果を発揮する

SHR脱毛はバルジ領域という毛を生やす指令を出す組織に光を照射する方法です。

低温で弱い出力の光を広範囲に照射するのが特徴であり、従来よりも施術時間を短くできて、痛みも少ないのがメリットです。

メラニン色素の有無にかかわらず施術ができるのが特徴であり、白髪にも効果を発揮します。

すでに白髪が混じっているVIOの脱毛を受けるときには、SHR脱毛を検討するとよいでしょう。

介護脱毛におすすめの脱毛サロンは?

介護脱毛におすすめの脱毛サロンは?
介護脱毛を受けるにはどんな脱毛サロンが良いのでしょうか?
脱毛サロン選びの際にいくつかチェックしておくべきポイントがあります。
介護脱毛の脱毛サロン選びの注意点
VIOの施術は強い痛みを感じることがあるため、きちんと痛みの軽減対策をしているサロンを選びましょう。

最新の脱毛器を利用して、しっかりと冷やしながら施術を進めてくれるならば、痛みを軽減することができます。

またもしVIOに白髪が混じっているならば、通常の脱毛方法ではなくSHR脱毛サロンを選ぶべきです。

サロンのVIO施術に関する技術や実績、サポート体制にも注目しましょう。

たとえば肌トラブルが起きたときにしっかりと対応してくれるかどうかは大切です。

以上の点を満たす脱毛サロンとして、この記事では脱毛サロンのラココとプリートを紹介します。

白髪も脱毛できる!VIOでも痛みが少ないラココ

ラココ
介護脱毛でまずオススメなのがSHR脱毛サロンのラココです。

ラココは下記のような特徴のある脱毛サロンです。

ラココの特徴

  • 最短6ヶ月で脱毛できる
  • 痛みがほとんどない
  • 産毛や白髪にも効果あり

ラココではSHR方式による脱毛を採用しています。

1ヶ月に1回のペースでの施術が可能であり、最短6ヶ月で脱毛が完了します。

日焼け肌や敏感肌など、どのような肌質でも安全に施術することができ、産毛や白髪などにも脱毛効果を発揮します。

痛みを感じることもほとんどありません。

そのため介護脱毛VIOの白髪を脱毛したいという需要にもしっかりと応えることができるのです。

ラココでは全身脱毛5回が79,000円とリーズナブルな料金設定になっています。
必要な脱毛部位だけ組み合わせるオーダーメイド脱毛も可能です。

分割払いで月額3,000円~通うことができるので、気になる方はぜひ一度無料カウンセリングで相談してみてください。

白髪になる前ならプリートもおすすめ

プリート
もし白髪になる前の介護脱毛であれば、VIO脱毛専門サロンプリートをおすすめします。

プリートの特徴は下記の通りです。

プリートの特徴

  • VIO脱毛の専門サロン
  • 脱毛後は美白パックで美肌ケア
  • ドクターサポートを完備

プリートは日本では初となるVIOの脱毛を専門としたサロンです。

VIOの脱毛範囲が広いのが特徴であり、アンダーヘアをしっかりと脱毛します。
介護脱毛も推奨していて、将来に備えることができるでしょう。

脱毛後には美白パックによる美肌ケアを行っているのも特徴です。
パックの力によって脱毛時の痛みを抑えることもできます。

ドクターサポートも充実していて、施術はすべて医師の判断やアドバイスに基づいて行っています。
肌トラブル等があればすぐに提携院の医師の診察を無償で受けることができるため安心です。

注意点としてプリートの行っている脱毛は従来どおりの方法のため、白髪を脱毛することは難しいです。

白髪になる前の段階であれば、VIO専門の脱毛サロンとしてプリートはおすすめの脱毛サロンです。

介護脱毛に関するQ&A

介護脱毛に関するQ&A

Q脱毛は若い人が行くイメージがあるので恥ずかしいです
A
介護脱毛を受けている人は40代や50代が中心であり、中には70代を超えた人もいます。幅広い年齢層に注目されている脱毛のため、安心して脱毛サロンへ通ってください。サロンの方でも中高年が通いやすいように配慮しています。介護脱毛についてアピールしているサロンへ行くとよいでしょう。
QVIOのすべての毛を無くすのには抵抗があります
A
VIO脱毛というのはアンダーヘアをすべて剃るわけではありません。全体的に薄くする、IラインやOラインのみを脱毛するなど、さまざまなパターンがあります。希望する条件を伝えることで、スタッフがデザインしてくれるのです。できるだけ自然に見えるように工夫してくれます。
Q脱毛前の自己処理はどうすれば良いですか?
A
自己処理はこれから脱毛したい部分のみを剃ってくればよいです。ただし、デリケートな部分のシェービングは自分でするのが難しいものです。その場合はサロンに相談するとよいでしょう。サロンによっては無料でシェービングに対応してくれるところがあります。

まとめ

介護脱毛のまとめ
今回は介護脱毛について取り上げました。

この記事のポイントを下記にまとめています。

この記事のまとめ

  • 将来の介護の負担を軽減するための脱毛が介護脱毛
  • SHR脱毛であれば白髪であっても脱毛できる
  • 肌トラブルを予防する、排泄介助がしやすくなるといったメリットがある

40~50代を中心として注目されているのが介護脱毛です。

将来、介護を受けるときに排泄介助などをしてもらいやすくなります。

清潔になり、肌トラブルを防げるなどさまざまなメリットがある脱毛です。

興味のある人はぜひ介護脱毛に挑戦してみてください。