タトゥーがあっても脱毛はできる?脱毛可能な方法や各店舗の対応を調査

タトゥーがあっても脱毛はできる?脱毛可能な方法や各店舗の対応を調査

タトゥーがあっても脱毛はできる?脱毛できない理由は?

タトゥーがあると、ほとんどの脱毛サロン・クリニックでは「タトゥー部分」の照射はできません。

また店舗によって、タトゥー部分周辺の照射範囲も変わります。

今回この記事では、タトゥー部分に脱毛ができない理由や脱毛サロン・クリニックの対応について調べました。

さらにタトゥー部分に可能な脱毛方法も紹介するので、ぜひチェックしてください。

タトゥー部分の脱毛は避けて照射する

タトゥー部分は避けて照射
脱毛サロン・クリニックでは、基本的にタトゥー部分の脱毛は避けて照射します。

その理由は以下です。

タトゥ-を避けて照射する理由

  • タトゥーの色素が反応し、肌トラブルを引き起こす
  • タトゥーのデザインに影響する可能性がある

上記の内容について一つずつ解説していきます。

タトゥーの色素が反応して肌トラブルの原因になる

脱毛でタトゥーが断られる理由の一つは、照射することで肌トラブルの原因につながるためです。

タトゥーを入れる予定のある方は、先に脱毛を済ませてからタトゥーを入れる事をおすすめいたします。レーザーがタトゥーの黒い部分に反応してしまい、火傷などの肌トラブルが起こるためです。

光脱毛やレーザー脱毛は、毛の黒い色素に反応し毛根にダメージを与え脱毛します。

そのためタトゥー部分に照射すると、使用しているインク部分の色素に脱毛機が強く反応し、熱を与え火傷のリスクが高くなるのです。

また脱毛機によっては、黒い色素に反応しない脱毛方法(SHR脱毛や蓄熱式脱毛)もありますが、脱毛機が変わってもタトゥー部分は避けて対応します。

脱毛はタトゥーのデザインに影響する可能性がある

脱毛ができないもう一つの理由はタトゥーの色味が、変化・変質する可能性があるためです。

クリニック公式サイトでも下記のように記述があります。

レーザーがタトゥー部分に反応すると色味が変化してしまう可能性があります。

タトゥー後の脱毛は肌への負担はもちろんのこと、デザインにも影響するのため照射ができません。

タトゥーがあっても脱毛できる方法は?

タトゥーでもできる脱毛方法
光脱毛・レーザー脱毛で照射はできませんが、タトゥーがあっても、脱毛ができる方法に「ニードル脱毛」が挙げられます。

ニードル脱毛は、1本1本の毛穴に針を入れてダメージを与えていくため、タトゥーの色素に反応することなく脱毛が可能です。

1回の施術でしっかりムダ毛の変化を実感できるので、タトゥー部分の脱毛に向いています。

ニードル脱毛

しかしニードル脱毛には「料金が高い」「施術時の痛み」のデメリットがあります。

ニードル脱毛は1本あたり数百円もするため、範囲が広いほど料金が高くなるので注意が必要です。

また痛みに関しては、毛根一つひとつに針を入れるのでどの脱毛方法よりも痛みを強く感じるので、痛みに弱い人には向いていません。

タトゥー部分のムダ毛を生えにくくする方法

タトゥー部分は光脱毛・レーザー脱毛が出来ず、ニードル脱毛は料金・施術時の痛みがデメリットです。

そのため自己処理という選択をする人も多いですが、正直めんどくさい…という人も多いと思います。

そんな人には、ブラジリアンワックスがオススメです。

ブラジリアンワックスは脱毛ではないので時間が経過すると生えますが、通常の自己処理と違い毛根から毛を抜くため、数週間ムダ毛を生えにくくしてくれます。

エステサロンでも出来ますが、自宅で簡単にできるセットもあるのでチェックしてみるといいでしょう。

タトゥーがあったときの脱毛サロン・クリニックの対応は?

タトゥーがあったときの対応
脱毛サロン・クリニックによって、タトゥー部分の対応が変わります。

ここでは脱毛サロン・クリニックの対応について調査しました。

脱毛サロン

店舗名 タトゥーがあったときの対応
ミュゼ タトゥー部分、タトゥ-から5cm以上間隔をあけて照射
キレイモ タトゥー部分・タトゥーから5cn以内は照射を避ける
ストラッシュ タトゥー部分の照射不可
銀座カラー タトゥー箇所は不可、また周辺箇所の脱毛も断る場合がある
ジェイエステ タトゥー部分の脱毛は不可
脱毛ラボ タトゥー部分、タトゥ-から5cm以上間隔をあけて照射

クリニック

店舗名 タトゥーがあったときの対応
フレイアクリニック タトゥー箇所、その周辺3~5cm部分は照射不可
レジーナクリニック タトゥー箇所、その周辺3~5cm部分は照射不可
リゼクリニック タトゥー箇所の照射不可
アリシアクリニック タトゥー箇所、周辺から5cm程度離して照射

ほとんどの店舗では「タトゥー部分の脱毛は不可」です。

またタトゥー周辺も肌トラブル防止のために、3~5cm以上避けて照射するところが多いです。

店舗によってはカウンセリング時に確認して周辺の照射範囲を決めるところもあり、照射範囲が狭くなる可能性もあります。

タトゥー周りギリギリまで照射したい人は、無料カウンセリングでスタッフに確認しましょう。

タトゥーで損をしない脱毛の通い方

タトゥーで損をしない脱毛の通い方
タトゥーの箇所は脱毛ができないと分かっていても、できるだけ損はしたくありませんよね。

とくにタトゥー箇所が多い人は、部分脱毛のプランが豊富な脱毛サロン・クリニックをチェックしましょう。

たとえばフレイアクリニックであれば、全身脱毛の他に腕全体脱毛セットや足全体脱毛セット・部分脱毛などを用意しています。

腕全体にタトゥーが入っている場合であれば、足全体脱毛と部分脱毛を組み合わせるのもオススメです。

しかし全身脱毛で契約した方が安い場合もあるので、避けられる照射部位の範囲が狭い場合は全身脱毛の契約するのもいいでしょう。

各店舗のプラン総額を計算し、損をしないプランで脱毛をはじめてください。

脱毛はタトゥーを入れる前に完了させておくことが理想

タトゥ-は脱毛完了後が理想
ほとんどの脱毛サロン・クリニックでは、タトゥー部分や周辺の照射ができません。

同じ料金支払っても、その部分は脱毛ができないためタトゥーの部位が大きければ、損をしてしまうこともあります。

そのため脱毛をするなら、タトゥーを入れる前に完了させておくことが理想です。

タトゥー後であれば料金が安く収まるように、部分脱毛のプランもチェックしてみてください。

これからタトゥーを入れる予定のある人は、入れる箇所(腕や足など)の部分脱毛で、あらかじめ終わらせておくといいでしょう。